マウンテンバイク スタンド

IMG-5473.jpg

本格的なマウンテンバイクには、

自転車を立てるためのスタンドがついていません。


林道なら、道の端に自転車を倒して置いていますが、

自宅で自転車の整備をするときにも、

スタンドがあると助かります。


先日、自転車屋さんで整備してもらったときに教えていただいたのが、

このスタンドです。

IMG-5472.jpg

上下に二つ付いているフックの、

どちらか高さが合う方に自転車のフレームを架けます。

自転車屋さんでも、同じものを使って整備されていました。


軽い割にしっかりしていて、

駐輪場に停めるときも、

整備するときも、後輪が浮くので、

大変役に立っています。


いい買い物ができました。









マウンテンバイク サドル

2021-10-02_101201.PNG

新しく買った自転車は、もともと付いていたサドルでは、
お尻が痛くなって長時間乗ることができませんでした。

そこでいろいろ探して、
Far Northという、日本のブランドを見つけました。

このブランドのサドルに換えると、
おしりの痛みが軽減され、
3時間くらい乗っても、平気でした。


北海道・十勝のスタイルプラスのブランドで、
日本人スタッフによる商品開発と品質管理、カスタマーサポートで安心です。

私は、マウンテンバイクに取り付けましたが、
ロードバイク、クロスバイク、シティサイクル、ママチャリなど、
すべてのタイプの自転車に取り付けが可能です。

日本語の取説があり、詳しくない方にも取り付けができそうです。
電話での問い合わせができるので、万全ですね。

超極厚ソフトクッション内蔵の自転車サドル。
おしりが痛くなりがちな方に、おすすめです。

サドル 自転車 【デュアル衝撃吸収】 痛くない 超極厚 サドルクッション クロスバイク マウンテンバイク 防水 通気性 Far North

サイクリング グローブ

2021-09-27_183134.PNG

サイクリンググローブは、

手にかかる衝撃を緩和するGELパットがついているものがいいですね。

このグローブには、サイクリング時の振動を和らげる約5mmほどの肉厚ゲルが手のひらにあります。

走行時、腕や手への振動が和らぎます。

けがのことを考えると、
指が半分出るタイプよりは、
指が全部隠れるタイプがおすすめです。


サイズは、M,L,XLがあります。
サイズの目安は、手のひらの幅です。

IMG-5346.jpg

M: 7.5cm ~ 8.5cm
L : 8.5cm ~ 9.5cm
XL: 9.5cm ~ 10.5cm

厚みのある方は、ワンサイズ大きめがおすすめです。



これより大きい方は、ネットでは見つからないことが多いので、
実店舗でお探しくださいませ。



【 衝撃吸収GEL 】 サイクリンググローブ UVカット サイクルグローブ 自転車 手袋 ロードバイク スポーツ ジム トレーニング アウトドア 長指 メンズ FREESE(レッド, L)




ワイヤーロック

2021-09-22_154233.PNG

自転車の盗難防止に、ワイヤーロックがよく使われます。

鍵をしていないと、盗難にあう確率は、相当高いでしょうね。


ただ、キーを使うタイプは、

キーをなくしてしまう心配があります。


2021-09-22_154317.PNG

そこで、このような、番号を合わせるタイプのワイヤーロックもよく見かけます。

これだと、キーをなくしてかぎが開けられなくなる心配がありません。



また、最近よく見るのが、
ワイヤーがもっと細くて、持ち歩きやすいタイプのワイヤーロック

2021-09-22_154424.PNG

たいへんコンパクトで、カバンやズボンのポケットに入ります。

ワイヤーは細めですが、

普通のはさみでは切ることができません。

盗難予防効果は、ワイヤーが太いタイプと全く変わりませんから、

安心して自転車を停めることができますね。



自転車 キャリア

2021-09-16_165822.PNG

軽い自転車でも、
自転車を車のルーフに取り付けたキャリアに乗せるのは、
とても大変です。

また、ルーフキャリアは、ほぼその車種専用で、
ほかの車に転用することはできないことがほとんどです。

取り付けたり外したりも、
結構時間がかかります。


わたしは、自転車を車で運びたく、
また、複数の車があるので、
どの車でも運べないものかと考えていました。


すべての車に専用のキャリアをつけると、
費用が相当掛かりますし、
簡単につけ外しができない難点があります。

また、外してたキャリアを保管する場所も必要です。


ネットを検索したり、車屋さんで話を聞いて見つけたのが、

こちらのサイクルキャリアです。



サイトでは最大3台積めるように書いてます。
実際には、2台がせいぜいで、
マウンテンバイクのようなハンドルの幅が広い自転車は、
1台です。

私は1台しか積みませんから、十分です。


このキャリアは、4本脚ですが、
3本脚の2台積みタイプもあります。
価格は少しお安いです。



IMG-5187.jpg

4本足のタイプを購入し、実際に自転車を積んで高速を走りました。
若干の揺れはありますが、
安定していました。

もし、三本脚タイプだと、脚が少ない分、
安定感に欠けると思います。


トランクにつけていますが、
ハッチバック、
ジムニーのような後ろにドアがあるタイプにも取り付けできます。


ですから、このタイプのキャリアを購入されるなら、
自転車の台数に関係なく、
少しお値段は高くなりますが、
4本脚タイプを勧めします。


私は、4本脚タイプにしてよかったと、満足しています。